ソフトウェアライセンス 販売

DiscountFusion 360 年間ライセンス サブスクリプション

Fusion 360

Fusion 360は、Autodesk社が開発したクラウドベースの3DCADです。CAD機能に加えて、CAM機能、CAE機能、レンダリング機能、板金機能など製造業に必要な複数の機能が統合されています。 比較的安価な価格設定な上、学生向けやスタートアップ企業向けに無料版の提供も行っており、導入のしやすさが特徴となっています。

1年間ライセンス 54,060円(税込) (定価:61,600円)
3年間ライセンス 144,580円(税込) (定価:166,100円)

設計者に求められる設計要件を全て満たす3Dデータ作成機能を搭載

Fusion 360では、ソリッドモデル、サーフェスモデル、T-Splineモデル、メッシュモデルに対応しています。
また、モデリング履歴(フィーチャ)が残るパラメトリックモデリング機能と、履歴のないデータに対しての修正機能も備わっており、急な設計変更にも柔軟に対応できます。

ソリッド、サーフェス、ポリゴン、メッシュ

パラメトリックモデリング

部品同士の干渉チェックや、機構シミュレーション機能も標準装備

Fusion 360は、個別に作成した部品モデルを組み立てる「ボトムアップ設計」と、一つのファイル内で部品モデルを作成しながら設計する「トップダウン設計」どちらにも対応しています。また、組み立てた部品を拡散分解し組み立てアニメーションを作成したり、ジョイント機能を利用した機構シミュレーションや部品同士の干渉チェックを行うことができます。

アセンブリ機能

干渉チェック

簡単な設定とわかりやすい解析結果の表示で、製品設計をサポート

Fusion 360は、静的応力解析、モード周波数解析、熱解析、熱応力解析といったシミュレーション機能を備えています。
アダプティブ有限要素法により、自動的に最適なメッシュが作成されるため、解析初心者の方でも安心して簡単に使用することができます

設計の段階で事前に解析検証することで、どの部分に応力がかかりすぎているかなどを分析し設計変更することで、製造ミスを減らすことができます。

解析機能

解析結果

非常に優れたレンダリング機能により、モックアップ前の可視化を実現

Fusion360には、非常に優れたレンダリング機能が標準で搭載されているため、デザインのチェックからプロトタイプの可視化、営業ツールに使用する画像の作成など簡単な操作で行うことができます。さらに、時間がかかる処理はクラウドコンピューティングを利用することで、PCのスペックを気にすることなくレンダリングの時間を短縮することができます。

レンダリング機能

世界初のクラウド技術を活用した3D CAD/3D CAM/CAEシステム

Fusion 360は、クラウドを介してデータをやり取りすることで、同じプロジェクトに関わるチームメンバー内でデザインの同時編集や共有が簡単にできます。
さらに、セーブ毎のバージョン管理による過去のデータの読み込みにも対応しています。

様々なデバイスに対応しリアルタイムコラボレーションを実現

Fusion 360で作成した3Dモデルは、Fusion 360がインストールされていないパソコンでも閲覧可能なため、チームやクライアントとのデザイン確認をスムーズに行うことができます。さらに、Fusion 360のアプリを利用してスマホやタブレットからも3Dモデルを閲覧することが可能です。

データ管理

従来のCAD/CAMのワークフローを根底から改善

Fusion 360には、CAD機能で作成した3Dモデルを加工するためのツールパスを作成するCAM機能が備わっています。
加工用のツールパスをFusion 360で作成することで設計から加工までのフローを統一し、データを外部に書き出すことなく加工データを作成することができます。また、3Dモデルを修正すると、作成したツールパスが再計算されるため、急な設計変更にも短時間で対応することができます。

作成できるツールパスは2軸、3軸、穴加工、旋盤加工です。
さらに、加工材を基に切削領域を自動で認識するため無駄なツールパスを省き、加工時間の短縮を実現します。
また、工具やフォルダの干渉チェックがCAM上で行えるためドライランの時間を短縮できます。

3DCAM

Fusion 360 の動作環境

オペレーティングシステム

Apple® macOS™ Catalina 10.15、Mojave v10.14、High Sierra v10.13 (Apple セキュリティ アップデートの詳細)

Microsoft® Windows® 8.1 (64 ビット) (2023 年 1 月まで)

Microsoft Windows Windows 10 (64 ビット) 半期リリース チャネル

CPUの種類

64 ビット プロセッサ(32 ビット版および ARM はサポートされていません)、4 コア、1.7 GHz Intel Core i3、AMD Ryzen 3 以上

メモリ

4 GB の RAM (内蔵グラフィックス 6 GB 以上を推奨)

グラフィックスカード

DirectX 11 以上をサポート

VRAM 1 GB 以上の専用 GPU

RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス

ディスク空き容量

3 GB のストレージ

画面解像度

1366 x 768 (表示スケール 100% で 1920 x 1080 以上を強く推奨)

ポインティングデバイス

HID 準拠マウスまたはトラックパッド、オプションで Wacom® タブレットおよび 3Dconnexion SpaceMouse® をサポート

インターネット

ダウンロード速度 2.5 Mbps 以上、アップロード速度 500 Kbps 以上

依存関係

.NET Framework 4.5、SSL 3.0、TLS 1.2 以降

DiscountSOLIDWORKS ライセンス 永久ライセンス

Solidworks

SolidWorksは、フランスのDassault Systemes(ダッソー・システムズ)社から発売されている機械設計用の3DCADソフトウェアです。使われている業界は主に機械製造業ですが、産業設備や医療機器、建築やプラントなど幅広い分野で活用されており、世界でもトップクラスのシェア率となっています。

Standard 975,150円(税込)
+サブスクリプションサービス:224,400円/年(税込)
(定価:1,083,500円)
Professional 1,168,200円(税込)
+サブスクリプションサービス:224,400円/年(税込)
(定価:1,298,000円)
Premium 1,564,200円(税込)
+サブスクリプションサービス:356,400円/年(税込)
(定価:1,738,000円)

SOLIDWORKSの動作環境

オペレーティングシステム

Windows 10、64-bit
macOS Big Sur(11.0)、macOS Catalina(10.15)

プロセッサ

3.3GHz以上

メモリ

16GB以上
PDM Contributor/ViewerまたはElectrical Schematic:8 GB以上

ドライブ

最適なパフォーマンスのためにSSDドライブを推奨

グラフィックス

認定済みのカードとドライバ

DiscountRevit 年間ライセンス サブスクリプション

Revit

Revitは、Autodesk社がBIM設計の強力な支援ツールです。3DCADソフトですが、BIMに特化しているのが大きな特徴です。適応業務としては、建築設計、構造エンジニアリング、機械・電気・配管(MEP)および建設施工と幅広く対応しており各分野間での共同設計プロセスをサポートしています。

1年間ライセンス 416,900円(税込) (定価:427,900円)
3年間ライセンス 1,122,000円(税込) (定価:1,155,500円)

2DCADの様に2D図面を作成するだけで自動で3D化!

壁、床、天井、建具など各建材に3D情報が含まれているため、2DCADと同様に2D図面を作成するだけで、自動で3Dモデルが作成されます。

revit

必要な情報・図面が1ファイルで管理できます

2DCADでは別々のファイルとして管理していた平面・立面・断面図・集計表等は建物データから抽出され生成、全て1つのデータファイルの中に「ビュー」として納められ、ファイル管理が容易になります。

2D/3Dが完全連動し整合性が保持されます

2D/3Dが完全連動したひとつのデータから画面を切りだして図面化するため、作成内容・修正内容が瞬時に反映され、全ての図面で整合性が保持されます。

同時作業でリードタイムが短縮!

クラウドやLAN環境内で複数のメンバーで同時に設計作業が可能なため、リードタイムが短縮できます。

Revitの動作環境

オペレーティングシステム

64 ビット版 Microsoft® Windows® 10

CPUの種類

Intel® i-Series、Xeon®、または同等の AMD® プロセッサ、2.5 GHz 以上

メモリ

8 GB の RAM

ディスク空き容量

30 GB のディスク空き容量

画面解像度

最小: 1280 x 1024、True Color 対応

最大: 4K UHD モニタ

ビデオ アダプタ

基本的なグラフィックス: 24 ビット カラー対応のディスプレイ アダプタ

高度なグラフィックス: Shader Model 5 搭載の DirectX® 11 対応グラフィックス カード および 4 GB以上のビデオ メモリ

ポインティングデバイス

マイクロ ソフト互換マウス、または 3Dconnexion® 互換デバイス

依存関係

.NET Framework バージョン 4.8 以降

AutoCAD 年間ライセンス サブスクリプション

AutoCAD

AutoCADは、Autodesk社が開発したCADソフトウェアです。2D / 3Dの図面を両方作成、表示することができます。建物の設計から設計図書の作成までをサポートしており、建築・土木・機械分野の汎用CADとして日本でトップシェアを占めています。

1年間ライセンス 71,500円(税込)
3年間ライセンス 193,600円(税込)

世界トップシェア!2D設計に必要な全ての機能を搭載

AutoCADは、2D設計に必要な作図機能・編集機能・注釈機能・印刷レイアウト機能が搭載されているため、効率よく建築・土木・機械設計の2D図面を作成できます。

図面データを素早く標準化

画層名や線種・フォントなど図面の標準設定をしておくことで、標準と異なる設定を簡単に修正する事ができ、図面の標準化が素早く行えます。

パラメトリック拘束で設計変更も素早く対応

パラメトリック拘束で図形を寸法基準でコントロールする事で、関連する寸法を一括変更でき、設計変更に素早く対応する事ができます。

3DデータからCG・アニメーション作成でイメージ共有

3Dモデリング機能も搭載しており、さらにCG・アニメーションも作成できるため、2D図面では共有しづらい立体感や質感も簡単に共有が可能です。

DWGの表示と編集が効率よく正確にできる

AutoCADでは他のどのCADよりも効率よく正確にDWGの表示と編集を行えます。CADはDWGがポイント。DWGは、オートデスク社がAutoCAD向けに開発したファイル形式なので、AutoCADなら互換製品の検討や導入で悩む必要はありません。

AutoCADの動作環境

オペレーティングシステム

64 ビット版 Microsoft® Windows® 10

Apple® macOS® Big Sur v11、Apple macOS Catalina v10.15、Apple macOS Mojave v10.14

プロセッサ

Windows / 基本: 2.5 ~ 2.9 GHz プロセッサ(推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ)

CPUの種類

Mac / 64ビット Intel CPU(推奨: Intel Core i7以上)

メモリ

Windows / 基本: 8GB(推奨: 16GB)

Mac / 基本: 4GB(推奨: 8GB以上)

ディスプレイカード

Windows / 基本: 帯域幅 29GB/秒の1GB GPU (DirectX 11 互換)、推奨: 帯域幅 106GB/秒の4GB GPU (DirectX 12 互換)

Mac / 推奨: Macネイティブにインストールされたグラフィックス カード

ディスク空き容量

Windows / 10.0 GB

Mac / ダウンロードおよびインストール用に 4GB のディスク空き容量

画面解像度

Windows / 従来型ディスプレイ:True Color対応 1920x1080、高解像度および4Kディスプレイ:Windows10でサポートされる最大3840x2160の解像度(対応するディスプレイカードが必要)

Mac / 基本: 1280x800 ディスプレイ、高解像度: 2880x1800、Retina ディスプレイ付き

ポインティングデバイス

Windows / マイクロソフト社製マウスまたは互換製品

Mac / Apple互換マウス、Apple互換トラックパッド、マイクロソフト互換マウス

依存関係

Windows / .NET Framework バージョン 4.8 以降

ディスクフォーマット

Mac / APFS、APFS(暗号化)、Mac OS 拡張(ジャーナリング)、Mac OS 拡張(ジャーナリング、暗号化)